官公庁の行政モニター業務の謝礼はいくら?

毎年2月ごろになると、国の省庁や地方自治体の多くで
新年度の行政モニターを募集しています。

モニターも一種の在宅業務です。
謝礼はそれほど高くありませんが、
自分の意見が反映されるかもしれないというやりがいがあります。

わたしの行政モニター体験談をご紹介します。

官公庁モニターの内容

年数回送られてくるアンケートに答えたり、
関連する分野についてのレポートを送ったりします。

以前は郵送でアンケートやレポートを送るしくみでしたが、
最近はほとんどがインターネットで送信できます。

郵送料は負担してくれるといっても、
書いて封をしてポストに投函するのは結構手間です。
特にわたしは字が下手なので、苦痛でした。

普段からネットを使っている者としては、
フォーム入力やメール送信で済むほうがありがたいです。

謝礼はおいくら?

気になる謝礼の額は省庁や自治体によってまちまちです。

地方自治体

ある自治体のアンケートは、1年間で図書カード1,000円分でした。
アンケートは毎月1件ずつ届いていました。

アンケート12回で1,000円なので、
ネットのアンケートサイトよりは単価がいいという感じでしょうか。

回答回数と報酬は関係がありませんでした。
「回答した回数が少ないと報酬が支払えません」と書かれていたものの、
わたしの予想では半分ぐらい回答したらもらえる気がします。

中央省庁

ある省庁では、800字程度のレポート1回につき1,000円でした。
半年のレポート提出数に応じて振り込まれます。

文字単価1円を超えていますから、
クラウドワークスやランサーズのタスクと比べると
高単価の部類に入るでしょう。

ただしレポートの上限が1年に5本でした。
合計5,000円なので、そこまで稼げるものではありません。

テレビ局のモニター

官公庁ではありませんが、テレビ局のモニターをしたこともあります。
レポート1本につき1,000円でした。
レポートは年間10本だったので、合計10,000円ということになります。

業務の開始時に説明会があり、テレビ局の中に入れるという特典もありました。
ローカル局なので有名人はいませんでしたけどね。

とにかく応募してみる!

モニターは人気があって全員が選ばれるとは限りません。
しかし、エントリーだけなら無料です。
興味がある分野の省庁やお住まいの自治体で募集があれば
試しに応募してみてはいかがでしょう。

The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
2013年にクラウドワークスに登録したのをきっかけに、ライターやブロガーとして在宅ワークをしています。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)
スポンサーリンク

シェア大歓迎です!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えを半角数字で入力してください *