独自ドメインを取得して有料ブログ運営に乗り出したことをしばしば後悔する

ブログの収益化には独自ドメイン化が欠かせないと言われています。
それは一種のセールストークで、無料ブログでも十分稼げます。

わたしはお金を出して独自ドメインを取得し、レンタルサーバーを借りていますが
無料でやっていたら良かったのではないかとしばしば後悔します。

無料ブログと有料ブログの違い

この記事ではアメブロ、はてな、ココログ、ライブドアブログなどを「無料ブログ」
独自ドメイン+レンタルサーバーを「有料ブログ」と表記します。

わたしの場合アドセンスを始めたのが有料ブログ化と同じタイミングだったので、
無料ブログと比べてどちらが稼げるかというのはわかりません。
しかし無料ブログでもやり方次第で十分稼げるだろうと思います。

デフォルト広告の有無

無料ブログと有料ブログの違いでよく言われるのが、
もとから入っている広告の有無です。
無料ブログのデフォルト広告から売り上げが生じても自分のお金になりません。

無料ブログに自分で広告を貼ったとしても、
読者がどちらの広告をクリックするのかはわかりません。

これに対して有料ブログなら自由な場所に広告を貼って、
自分の売り上げにすることができます。

最近では広告非表示にできる無料ブログもありますが、
スマホサイトは広告が入るなどの制約があります。
はっきり言ってスマホのほうがアフィリエイト収入が多いので、
スマホサイトに広告を入れられてしまうのはかなり不利です。

A8.netのファンブログ

A8.netのファンブログはアフィリエイト用のブログなので
最初から広告が入らないというメリットがあります。
しかしfanblogそのものがちょっとマイナーなので、
同じブログサービスを利用した集客は見込めないかもしれません。


有料ブログの将来が心配

現在わたしはエックスサーバーと契約しています。
1年契約で12,000円+消費税です。

現状、月1,000円はちゃんと回収しています。
しかしながらこの先、ずっと継続できるかわかりません。

サーバー代を一生払い続けるのか

5年や10年のスパンで見たら続けられると思いますが
30年、40年先となったらどうでしょう。

無料ブログならサービスが続く限り、放っておくことができます。
しかし有料ブログの場合、お金を払わなければ忽然と消えてしまいます。

自分が積み重ねてきたものを消すのは抵抗があるでしょうから、
更新をしなくなってもお金を払い続けることになるでしょう。

もしも料金が変わらないとなれば、40年で48万円+消費税です。
40年もすればおそらく消費税も上がると思われます。
なんとも気の遠くなるような金額です。

レンタルサーバーの未来を憂う

そもそもレンタルサーバー自体が続いているかどうかもわかりません。
インターネットも新しい形になっていて、ブログが廃れている可能性もあります。

さらに自分が死んだあとはどうなるのでしょう。
考えだしたらきりがありません。

有料ブログは後戻りができない

無料ブログに戻ることも物理的には可能です。
しかしせっかく育ったドメインがゼロになってしまいますから、
いままでのような成果は上がるまでにはまた時間がかかるでしょう。

一度入ったユーザーはなかなか退会しないので
レンタルサーバー業者は安定した売り上げが得られるのだと思います。
いい商売ですね。

永年キャンペーンをやってほしい

しばらく前にロリポップ!が永年会員を募集していました。
金額は忘れましたが、払えない額ではなかったことを覚えています。
エックスサーバーでもやってくれたら迷わず入会するんですけどね。

とりあえずやる気のある今のうちに更新をがんばって
コツコツ稼いでおくのがいいのかもしれません。
有料ブログ化を考えている人は、よく考えることをおすすめします。


The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
2013年にクラウドワークスに登録したのをきっかけに、ライターやブロガーとして在宅ワークをしています。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)
スポンサーリンク

シェア大歓迎です!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えを半角数字で入力してください *