2015年の在宅ワーク収入が派遣社員時代の年収を超えた!

2015年分から青色申告をするので、張り切って帳簿を付けています。
日商簿記1級を持っているくせに一度も実務経験のないわたしですが
ようやく簿記の知識が役に立ちました。

2015年は派遣社員時代の年収を超えました。
すっかり味を占めてしまって、もう外では働けないなぁと思っています。

2015年の売り上げとその構成比

今年2015年の売り上げは80万円台でした!
昨年2014年の売り上げは30万円台だったので、2倍以上です。

注目すべきはその構成比です。
昨年は95%がクラウドソーシング、5%がアドセンスでした。
今年はクラウドソーシングの割合がおよそ20%まで下がりました。

外部メディア:アドセンス:クラウドソーシング:アフィリエイトが
ちょうど4:3:2:1ぐらいになっています。
ライター業とブロガー業で分けると、6:4ぐらいです。

派遣社員時代より年収UP

うれしかったのは、派遣社員をやっていた頃の年収を超えたことです。
派遣社員といっても短期や単発のお仕事だったので
年間100日ぐらいしか働いていませんでしたが、
一番よく働いていた年の収入が69万円でした。

詳しいことは姉妹サイト「ハケンメモ」に書いてあります。
稼働100日で、69万円でした。

派遣社員と在宅ワークはどっちが大変?

ブログはある意味365日稼働していたわけですから
派遣社員以上に大変だったような気もします。

しかしブログ更新と記事作成にかける作業時間は
1日平均2時間ぐらいなので、365日×2時間=730時間です。

派遣社員の頃は100日×8時間とすると800時間です。
時給換算すると、いまのほうがいいということになります。

家にいられるのが嬉しい

さらに在宅ワークは派遣社員と違って通勤の必要がありません。
単発・短期の派遣社員は交通費が支払われないので、
電車代を引くと純利益はもっと少なくなります。

嫌な人と会わなくていいというメリットもあります。
在宅ワークでもクライアントとのやり取りが必要ですが、
嫌な人がいてもずっと付き合うわけではありませんし、
メールだけのやり取りなので気楽です。

子どもを家で見ていられるというのも良かったです。
派遣社員時代は子どもがいませんでしたが、
子どもがいても同等に稼げるというのはうれしいです。

2016年の展望

来年2016年もいただいた仕事をしっかりこなしつつ、
地道にブログ更新していこうと思います。

ことしは開業届を出したりサーバー移転をしたりと
本格的に個人事業主として動き出した感がありました。
来年も何か転機が訪れるかもしれません。
扶養の範囲は超えたくないな~と意識の低いことを思っていますが
果たしてどうなることでしょう。

今後もザイタクメモならびにムーメモをよろしくお願いします。

【関連記事】

在宅ワーク主婦が扶養の範囲を超えたら50万円の負担増!
わたしは育児の傍らで在宅ワークをしているので 扶養の範囲なんて超えるわけないと思ってきました。 しかし、ここ数ヶ...
スポンサーリンク

シェア大歓迎です!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えを半角数字で入力してください *