「主婦の副業」という言葉の意味について考える

よくクラウドワークスやランサーズで「副業を!」みたいな宣伝文句を見ます。
たしかにサラリーマンにとってちょっとした副業にはぴったりでしょう。
しかし、ときどき見かける「主婦の副業」という言葉には首をかしげてしまいます。

クラウドワークスのバナーはSOHO・副業になっていますね。


副業とはなにか

Wikipediaによる副業の定義を引用してみます。

副業(ふくぎょう)は収入を得るために携わる本業以外の仕事を指す。サイドビジネス、兼業ともよばれる。副業は就労形態によって、アルバイト(常用)、日雇い派遣、在宅ビジネス、内職などに分類される。また、収入形態によって給料収入、事業収入、雑収入に分類される。

あくまで本業があって、副業があるということがわかります。
サイドビジネスという呼び方はたしかによく聞きますね。

主婦の副業という言葉

サラリーマンにとっては会社の仕事が本業なので、
クラウドワークスのような在宅ワークが副業になるのはわかります。

主婦の本業は何か

しかし単純に「主婦」という場合の「主婦」は無職であって、
もともと本業がないはずです。

たとえば「パート主婦」とか「兼業主婦」といった主婦には仕事がありますが
ただ「主婦」というのは主に専業主婦を意味していると考えられます。

その文脈で「主婦の副業」というと、
1階がないのに2階建てみたいな収まりの悪さを感じます。

家事業が本業?

あるいは日々の家事が本業であるのに対し、
ネットでのお小遣い稼ぎが副業となるという意味でしょうか。
家事には収入がないのに、収入のある在宅ワークと並べて良いのでしょうか。

専業主婦や兼業主婦

しかし基本に立ち返ってみると「専業主婦」や「兼業主婦」という言い方も
本来収入が発生しない家事業=主婦業を事業とみなした比喩表現ですね。

「主婦の副業」という言葉についても、
あまり目くじらを立てることではない気がしてきました。

副業は在宅ワークの別名?

在宅ワークのことを副業と呼んでいる印象もあります。
いろいろな勤務形態が出てきているとはいえ、
仕事は家ではなく職場でするものというのが多数派のイメージでしょう。
自営業にしても、居住空間と勤務空間は分かれていると思われます。

つまり職場で行う仕事=本業に対して、
在宅ワーク=副業と言っているのかもしれません。

主婦の副業は扶養範囲内?

主婦の副業という言葉には、扶養範囲内という含みもあるように感じます。
扶養を抜けて働くのであれば「主婦の」と付ける必要がなく、
副業というより本業にステップアップするはずです。

扶養範囲内で行う在宅ワーク

わたしも扶養の範囲にはこだわっていて、
扶養範囲のことについてはずいぶん勉強しました。
過去にも記事を書いていますので、ぜひご覧ください。

扶養範囲内でのんびりしたい

2015年は所得税も住民税も社会保険もすべて扶養範囲内でした。
ことし2016年も扶養範囲内に収まりそうです。

扶養を抜けてプラスになるためには、180万円稼がなくてはなりません。
いまの作業ペースでは見えてこない金額です。

何より自分に欲がないので、収入は横ばいでも楽に稼ぎたいというのが目標でした。
2015年と2016年を比べると、
クラウドワークスやランサーズで案件探しをする時間をカットすることができました。

年末になったらまたいろいろと振り返りたいと思います。

The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます→運営ブログ一覧とプロフィール
2013年から在宅ワークをしています。クラウドワークスやランサーズ、アフィリエイト、Googleアドセンスでお小遣い稼ぎ中です。よろしければこちらからほかの記事もご覧ください。
スポンサーリンク

シェア大歓迎です!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えを半角数字で入力してください *