記事作成のお仕事でExcelのフォームだと入力するのが大変

クラウドワークスやランサーズのプロジェクトで記事作成をしてきて、
Microsoft Wordと並んでよく使うソフトがExcelです。

クライアントさんからExcelのフォームをいただいて、
セルに記事入力してほしいと言われることが多々あり、
手こずりながら納品しています。

Excelを指定される

Wordやメモ帳で提出するようにと言われることが多いですが、
Excel派のクライアントさんも結構いらっしゃいます。

ほとんどの場合1つのセルにベタ打ちではなく、
「見出し」「本文」などとセルを分けて打ち込む必要があります。
おそらく後でhtmlタグを付けるのが簡単だからでしょう。

Wordで入力してから貼り付け

わたしはWordのほうが使い慣れているので、
まずWordで入力してからExcelに貼り付けています。
これってもっとやりやすい方法があるのでしょうか?

自動でする方法があったとしても一筋縄ではいかないでしょうから、
普通にWordで文章を作ってからExcelに貼り付ける作業を行っています。

Excelに貼り付けるところまでが記事作成の仕事ということですね。

Wordでもタグ付けをしたり文字色を変えたりという指定をされることもあります。
単なるベタ打ちで提出OKという案件は本当にありがたいです。

Excelの大変さ

Excelフォームの何が大変かといえば、見直しがしづらいところです。

一応わたしも文章でお金をいただいているわけですから
誤字脱字がないか、わかりづらい表現がないか、
入念にチェックしてから納品します。

しかしExcelだと文章がパッと見えません。
直したい箇所があってもうまくカーソルが合わないこともあります。

もしかしたら他のやり方があるのでしょうか?
Excelがあまりにも使いづらいのでWordで校正までやって、
「これでOK!」というところまできたらExcelに移しています。

Excelの汎用性

Excelの表計算は得意な方だと思っていました。
一通りの関数と簡単なピボットテーブルまでは使うことができます。

しかしここに記事作成が加わるとは思いませんでした。
ある意味関数よりも面倒です。

Wordで作った文章をどこまで貼り付けたのかわからなくなって、
最初からやり直すことも多々あります。
まだまだ訓練の余地がありそうです。

The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
2013年にクラウドワークスに登録したのをきっかけに、ライターやブロガーとして在宅ワークをしています。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)
スポンサーリンク

シェア大歓迎です!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えを半角数字で入力してください *