ライター体験談を書いて自身の経歴を振り返った結果

いつもお世話になっているエストリンクスさんのライター募集サイトに、
宮島ムーのライター体験談を掲載していただきました。

在宅ワークをしている人なら少しは役立つ内容が書いてあると思います。
ぜひご一読ください。

【BOOOON】宮島ムーのライター体験談

この体験談を書くことで、自分の経歴を振り返ることができました。
どんなことを思ったのか、この記事にまとめておきます。

やっぱりわたしはライターだった

わたしはこれまで「ライターと名乗るのが恥ずかしい」とか、
「ライターというほど仕事していない」とか言ってきました。

しかし、掲載されたわたしの体験談を読んでみると、
たしかにライターらしいことをしています。

この体験談を読んで、
「あなたはライターではない」
と否定する人もあまりいない気がしました。

ライターと名乗らないことが逆に失礼かなという思いも湧いています。
Twitterで「これからライターがんばります!」みたいな方を見るにつれ、
その人たちよりは一応先輩であるわたしが「自分がライターではない」ということで、
ライターを名乗る後輩を否定することにつながるような気がしたからです。

というわけで今度からは自信がないながらも
「ライターの宮島ムーです」と言っていこうと思います。

自分の経歴を客観視する

資格や経歴だけ見ると妙に豪華です。
これが知らない人のプロフィールだったら、
「順調な人生だな」と思うか、「鼻につくな」と思うかの2択です。

しかしわたしは自分にまったく自信がなく、生きる価値のない人間だとよく思います。
自己肯定力が低いということでしょうか。
「自信を持って」と言われても持てないものはしかたありません。

こんな状態なので、わたしは自分の発言にも自信が持てず、
「こんなこと書いたらよくないかな」と発言できないことが多いです。
最近「自分の言いたいことを言えずに死んじゃうのはもったいないな」と気付いて、
ブログやTwitterに本音を書くようになりました。

たとえばこんな暗い話は1年前なら絶対に書けなかったと思うので、
ある意味進歩なのかもしれません。

といっても普段からどんよりしているわけではないですよ。
子育てもありますので、目立たないように粛々と暮らしています。
幼稚園のお母さんたちの間では、ライターをやっていることは秘密です。
(知らないうちにバレているかもしれないけど)

エストリンクスさんへの感謝

エストリンクスさんのすごいところは、
わたしのような悩みを抱えたライターにもしっかり付き合ってくれるところです。
本当にお世話になっています。

ライター体験談を書き終わったときには、
「エストリンクスさんからの依頼だからって持ち上げすぎたかな」と思いましたが、
掲載したのを見るとそれほど露骨ではなく、いい感じに仕上がっていると思います。
おそらくどれもわたしの本音だからでしょう。

興味のある方はぜひご覧になってください。

Webライター募集サイト BOOOON

The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
2013年にクラウドワークスに登録したのをきっかけに、ライターやブロガーとして在宅ワークをしています。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)
スポンサーリンク

シェア大歓迎です!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えを半角数字で入力してください *