クラウドワークスで月2~3万円でいいから稼ぎたい主婦のみなさんへ

世の中の在宅ワーク関連サイトは大仰すぎます。
月10万円!とか書かれても怪しいと思って身構えてしまう人が多いでしょう。

主婦としては月に2~3万円でも得られたらうれしいのではないでしょうか。
少ない稼ぎでも、長く続けていくことが大事だと思います。

この記事では月に2~3万円の収入を目指す主婦の皆さんへ、
在宅ワークについてはちょっと先輩のわたしが体験談をお伝えします。

在宅ワークの魅力

クラウドワークスもランサーズも、
家の中でできるというのが最大の魅力です。
特に子育て中の主婦には強い味方だと思います。

家の中でできる!

クラウドワークスに出会ったときには
「家の中でお金がもらえるなんて!」と感動したものです。

だいたい部屋着で化粧もせずにやっていますが、
パートに出るとなったらこうはいきません。
交通費が出るとしても、通勤中の時間は無駄になってしまいます。

こんなことを言うとどこにも出かけられなくなりますが、
道で転んだだけでも怪我をするかもしれません。
家の中なら安全なのが良いです。

好きなときに休める!

クラウドワークスやランサーズは
やりたくないときに自分で勝手に休めることが魅力です。

プロジェクトを引き受けているときにはそうはいきませんが、
引き受ける量や納期を調整することが可能です。

自分の体調が悪いときや、
子どもの行事で忙しいときなど、
自由に稼働時間を決められるのがとてもうれしいです。

月2~3万円という目標

なんといっても主婦にとって気になるのが扶養の範囲。
在宅ワークのほかに収入のない主婦の場合、
収入-必要経費が38万円を超えると税金がかかってきます。
月に2~3万円であればそのような心配が要りません。

クラウドワークスやランサーズの収入はいくらから確定申告が必要?
クラウドワークスやランサーズなど、 在宅ワークで収入を得たら、確定申告が必要です。 しかし収入が少なければ、確定申告...

家事や育児を優先できる

わたしがクラウドワークスをはじめたばかりの頃は効率を考えていなかったので
2~3万円を稼ぐにも結構時間がかかりました。
最近では作業時間が半分ぐらいになっています。

娘が動き回るようになって前ほどの作業時間が取れなくなったため、
否応なしに効率化を求められたという事情もあります。

もっと稼ごうとすると家事や育児が疎かになってしまうでしょう。
今のところのんびり生活しながらやっているので、
月2~3万円がちょうどいいと感じています。

マイペースが重要

重要なのはマイペースです。

ネットで在宅ワークの記事やブログを検索すると、
月10万円とか20万円とか書かれていて、
「わたしは月2~3万円しか稼げない」と心が乱れてしまいます。

そのため、わたしは他人のブログをなるべく見ないように決めました。

月1万円でもうれしい

月に1万円の収入でもうれしいと思います。
家にいるだけでお金が湧いてくることはありませんからね。

1万円あれば美味しいものが食べられるでしょう。
服や雑貨も買えます。
マッサージに行くのもいいですね。

いきなり月2~3万円という目標を立てて、
達成できないと嫌になってしまいそうなので、
まずは月に1万円を目指すといいかもしれません。

タスクだけでも稼げる?

3万円というと1日に1,000円ですから、タスクだけでも到達可能です。
難しければ1日333円で月1万円を目指すといいと思います。

プロジェクトの依頼をコンスタントにいただけるようになってからも、
気分転換にタスクをやっています。

タスクだからといって決して手を抜くわけではないのですが、
プロジェクトよりも気軽に参加できるのがうれしいです。

わたしはお菓子が好きなので、
「100円の案件を2つ書けばお菓子が買える!」
なんて思いながらやっています。

タスクだけで月1万円にチャレンジしたときの記事です。

クラウドワークスとランサーズのタスクだけで月1万円にチャレンジしてみた
7月にふと思い立って、クラウドワークスとランサーズのタスクだけで、 1ヶ月で1万円稼げるかチャレンジしてみました。 ...

手数料を節約する

クラウドワークスもランサーズも、
報酬残高が1,000円以上であれば月2回自動的に支払われます。

支払いのたびに手数料がかかるので、
まとめて払ってもらったほうが手取り額が増えます。

楽天銀行を利用

振込の際にはクラウドワークス、ランサーズともに手数料が引かれます。
通常の金融機関なら500円ですが、
楽天銀行なら100円で済むのでおすすめです。


毎月2回、通常の銀行に振り込まれると500円×24回=12,000円/年ですが、
楽天銀行なら100円×24回=2,400円/年で済みます。
専用の口座があると、在宅ワークのモチベーションも上がるでしょう。

キャリーオーバーを利用

年24回の支払いを減らす方法が「キャリーオーバー」です。
報酬をまとめておいて、ときどき払ってもらう方法です。

わたしはずっとキャリーオーバーして、半年に1度払ってもらっています。
半年に1回だけなら年2回なので、
通常の銀行なら1,000円/年、楽天銀行なら200円/年で済みます。

手数料分を稼ぐ

とはいえ、稼いだお金をすぐに振り込んでほしいという人もいるでしょう。
たしかに毎回振り込まれた方がモチベーションが上がります。

「締日の前には振込手数料のつもりで100円のタスクをやる」
と言っていた人もいました。

手数料をかけても毎回振り込んでもらうか、
手数料を節約してキャリーオーバーするか、
個人の好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

長く続けることが大事

クラウドワークスやランサーズで生き残るためには、続けることが必要です。
たくさんの人が登録していますが、ほとんどの人が幽霊会員でしょう。
稼働している人はほんの一部です。

わたしには特別な経験やスキルがあるわけではありません。
それでもコンスタントにお仕事をいただき、
月2~3万円安定して稼ぐことができています。
続ける力が重要なのだと思います。

The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
2013年にクラウドワークスに登録したのをきっかけに、ライターやブロガーとして在宅ワークをしています。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)
スポンサーリンク

シェア大歓迎です!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えを半角数字で入力してください *