クラウドワークスやランサーズの収入はいくらから確定申告が必要?

クラウドワークスやランサーズなど、
在宅ワークで収入を得たら、確定申告が必要です。
しかし収入が少なければ、確定申告をしなくても大丈夫です。

果たしていくらから確定申告をしたらよいのでしょう。

この記事では在宅ワークに関する所得税の確定申告について、
FP2級を持つわたしが初心者向けに説明します。
「確定申告って何?」という方も、どうぞご覧ください。

確定申告が必要な年収

すごくざっくり言います。

在宅ワークで確定申告が必要となるラインは、
主婦・ニートなど、ほかに収入のない人は38万円!
本業が他にある人、年金生活者は20万円!です。

これを超えなければ、確定申告は不要です。

ただし、年金生活者は年金が400万円を超えると、
20万円以下の収入でも確定申告が必要になります。

年収に計上するのは、1月1日~12月31日に発生した売り上げです。
お金をもらっていなくても、報酬が確定していれば売り上げになります。
キャリーオーバーしている売上も同様です。

経費はいくらかかった?

確定申告が必要なラインを超えた人は、経費について考えましょう。
「38万円」「20万円」というのは純粋な売上金額ではなく、所得金額です。
所得とは、売り上げ全体から、必要経費を引いたものです。

ざっくり言えば、儲かった金額ということになるでしょうか。
在宅ワークのためだけに10万円未満のパソコンを買っていたら、
その分だけ収入からマイナスできるのです。
(10万円以上だとややこしくなるので、ここでは10万円未満と仮定します)

たとえば収入が40万円で、パソコンが5万円なら、所得は35万円です。
この場合、38万円を下回るので、ほかに収入がなければ確定申告は不要です。
ただし、パソコンを5万円で買ったという証拠書類は保管しておく必要があります。

税金は所得金額をもとに計算されます。
経費が多ければ多いほど、税金が安く済みます。
ほかに収入がない場合、所得38万円以下は所得税がかかりません。

青色申告をするには事前の申請が必要

青色申告の制度を利用して一定の条件を満たせば、
所得からさらに65万円を引くことができます。
収入-経費=38万円まで非課税のところが、103万円まで非課税になるのです。

わたしはこの制度を使っていて、年収約100万円で非課税です。
パート主婦と同じような感覚ですね。

青色申告は事前に申請が必要です。
65万円の特例を受けるためには、
決められた方式で帳簿を付けなければなりません。

くわしくは国税庁ホームページをご覧ください。
国税庁ホームページ 青色申告制度

確定申告の方法

ここではクラウドワークスやランサーズ以外に収入のない人が、
白色申告をする方法についてご説明します。

帳簿をつくる

白色申告でも帳簿が必要です。
青色申告と違い、家計簿のような簡易帳簿で良いとされています。
ネットで検索すれば帳簿の例が出てきます。

また、税務署に行けば「帳簿の記帳のしかた」というパンフレットがもらえます。
詳しく書いてあるので、もらっておくと良いでしょう。

わたしはExcelで付けていました。
クラウドワークスやランサーズの報酬画面から一覧をダウンロードして、
Excelで自分の好きなように項目を整えていきます。

クラウドワークスとランサーズを併用していると厄介ですよね。
ランサーズは手数料を引く前の金額を書いているのに対し、
クラウドワークスは手数料を引いた後の金額になっています。

わたしは手数料が引かれた金額を売上にしました。
手数料は必ず引かれるものなので、売上とは考えづらいからです。
売上と手数料を別にしたいのであれば、手数料を経費として計上しましょう。

必要書類の保管

経費のレシートや領収書は7年間保管するように定められています。
Web上の領収書やクレジットカード明細は、
表示できる期間が決まっていることがあるので、
早めにプリントアウトしておきましょう。

営業所得は給与所得のように、源泉徴収票がありません。
支払調書がもらえることもありますが、
源泉徴収票と違って添付する必要はありません。
支払調書がなくても確定申告はできます。

確定申告書を作る

確定申告書は国税庁の特設ホームページから作成できます。
カードリーダー等があれば家からもオンラインで提出できますが、
家で入力してプリントアウトしたものを税務署に提出することもできます。
郵送でも構いません。

平成28年分 確定申告特集

税務署の確定申告会場に行くと、
税務署の人と相談しながら記入することができます。
初心者にはこちらのほうが安心ですね。
3月15日の締め切り直前には混み合うので、なるべく早めに行くようにしましょう。

会計ソフトを使う

どこから手を付けていいかわからないという方は、
オンライン会計ソフトを使ってみるといいかもしれません。

やよいの白色申告オンラインは1年間無料で試すことができます。
はじめての確定申告という方は、登録してみてはいかがでしょうか。

住民税だけかかることも?

この記事では所得税の確定申告に限って説明しましたが、
所得税がかからなくても、住民税がかかるケースがあります。

住民税がかかるラインは自治体によって異なります。
所得28万円というところもあれば、所得35万円というところもあります。

所得税の確定申告をすれば住民税の申告も済むので、
確定申告の必要がない人でも、念のためやっておくと安心です。

くわしいことは税務署や、市区町村の税務担当にお尋ねください。

主婦にとって気になる扶養の話はこちらで語っています。

在宅ワーク主婦が扶養の範囲を超えたら50万円の負担増!
わたしは育児の傍らで在宅ワークをしているので 扶養の範囲なんて超えるわけないと思ってきました。 しかし、ここ数ヶ...
The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます→運営ブログ一覧とプロフィール
2013年から在宅ワークをしています。クラウドワークスやランサーズ、アフィリエイト、Googleアドセンスでお小遣い稼ぎ中です。よろしければこちらからほかの記事もご覧ください。
スポンサーリンク

シェア大歓迎です!

コメント

  1. rancat62 より:

    こんにちは。はじめまして。
    私は副業をはじめたばかりなので、とても勉強になりました。
    税金のことまで考えてなかったので恥ずかしいです。
    色々と確定申告についても勉強しようと思います。

    • 宮島ムー より:

      コメントありがとうございます!

      税金のことって難しいですよね。
      わずかながらお役に立てたようで光栄です。
      今後ともよろしくお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えを半角数字で入力してください *