クラウドワークスとランサーズの報酬振込の仕組みを解説!手数料を節約するには?

クラウドワークスとランサーズから振り込みがありました。
ずっとキャリーオーバーしていたのでまとまった額になってうれしいです。

報酬振込の仕組み

クラウドワークスもランサーズも、
月2回、15日と末日の基準日に報酬が1,000円以上貯まっていたら
自動的に振り込んでくれます。

報酬の振込には手数料がかかります。
楽天銀行は100円、その他の金融機関は500円です。
手数料は報酬から引かれるので、新たに支払うわけではありません。

たとえば15日から16日に変わる瞬間に
報酬の残高が1,000円ぴったりだった場合、
その月の末日に楽天銀行なら900円、
他の金融機関なら500円振り込まれるという仕組みです。

キャリーオーバーを使う

月に2回振り込まれるのはうれしいことですが、
手数料がかかりすぎてしまいます。

「キャリーオーバー」を選択すれば、
クラウドワークスやランサーズ上で貯めておくことができます。

振り込んでほしいと思ったときだけ「随時出金方式」を選べば、
次の締日で報酬を確定して、次の支払日に振り込んでもらえるという仕組みです。

自分のルール

わたしは年に2回ぐらいでいいかな、と思い
2014年3月末日と2014年9月末日に締めて振り込んでもらいました。
3月と9月にしたのは年度の区切りでちょうどいいと思ったからです。

しかしことしから青色申告事業主となり、
4月~3月の年度よりも1月~12月の区切りが重要となるので、
6月と12月に締めることにしました。

そのため、2015年7月15日には
2014年10月1日~2015年6月30日のおよそ9ヶ月分が振り込まれたことになります。

楽天銀行のすすめ

普通の銀行で月2回振り込んでもらっていたら、
手数料は500×2×12ヶ月で、年間12,000円になります。

事業口座で資金回収が必要な方にとっては
やむを得ないことかもしれませんがちょっと高いですね。
タスクだけで12,000円稼ごうと思うと、けっこうな作業量です。

楽天銀行にすれば100×2×12ヶ月で2,400円です。
わたしの場合、年に2回なので200円の手数料で済みます。

クラウドワークスやランサーズで頑張ってみようかな~と思う方は、
楽天銀行に口座開設してみてはいかがでしょうか?
専用口座があるとモチベーションも上がりますよ。

The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
2013年にクラウドワークスに登録したのをきっかけに、ライターやブロガーとして在宅ワークをしています。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)
スポンサーリンク

シェア大歓迎です!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えを半角数字で入力してください *