青色申告の申請を出していない人はひとまず白色申告で

「昨年分の在宅ワーク収入を青色申告しよう!」と思っても、
あらかじめ申請書を出していない方は青色申告できません。

青色申告と違って白色申告は簡単だと言われています。
しかし平成26年(2014年)分からは制度が厳しくなって、
白色申告でも記帳と関係書類の保管が義務付けられました。

この記事では、白色申告の方法についてご紹介します。

帳簿を作る

白色申告をするには、まず帳簿を作る必要があります。

わたしはExcelで作っていました。
利益が何百万円上がっている方ならまだしも、
わたしのように100万円未満の収入なら、
会計ソフトにあまりお金を使いたくないというのが本音だと思います。

税務署に行けば無料で「帳簿の記帳のしかた」というパンフレットがもらえます。
ネット上でもエクセルのテンプレートがあるので、
最初は基本形を使って自分でカスタマイズしていくのがおすすめです。

家計簿感覚でOK

白色申告は青色申告と違い、単式簿記で構いません。
具体的には家計簿みたいなものでOKということです。

取引が多い場合は1件ずつではなく、1日合計で付けてもいいそうです。
在宅ワーク程度なら現金出納帳、売掛帳、経費帳があれば十分でしょう。
レシートなどの証拠書類も必ずとっておいてくださいね。

手書きでも大丈夫

アナログ派ならノートに付けるのもいいと思います。
わたしも最初は手書きにしようと思っていましたが、
やってみたら字が下手で見づらいのでエクセルに切り替えました。
手書きのほうが好きな方は手書きでも構わないでしょう。

確定申告を行う

確定申告にあたって帳簿を提出する必要はありません。
すぐに見られるよう保管しておけばOKです。

税務署に提出するのは収支内訳書です。
帳簿の上での収入と経費を合計してまとめます。
e-taxにフォームがあるので、指示に従いながら入力するだけです。
税務署に行けば用紙がもらえるので、手書きで記入するのも良いでしょう。

売上金額の明細を書く場所がありますが、
クラウドソーシングでは売上先がまちまちですから
売上金額を書くだけでもOKです。

給与所得と違い、源泉徴収票のような証拠書類は不要です。
帳簿がその証拠となりますので、きちんと記帳しておきましょう。

税務署に確認!

ここに書いた情報はわたしの経験に基づいたものです。
他の方には当てはまらなかったり、
時間が経過して制度が変わったりしている場合があります。

不明点は最寄りの税務署に問い合わせてください。
ネットで検索しているよりも早く答えにたどり着けますよ。


お手上げ!という方には便利なオンラインソフトがあります。
やよいの白色申告オンラインは初年度0円で使えるようです。
気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
2013年にクラウドワークスに登録したのをきっかけに、ライターやブロガーとして在宅ワークをしています。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)
スポンサーリンク

シェア大歓迎です!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えを半角数字で入力してください *