青色申告事業主は事業主貸と事業主借を使えば複式簿記も怖くない

青色申告をするためには複式簿記で帳簿を付けなくてはなりません。

わたしが疑問だったのは

  • 自分のお小遣いにする分はどうしたらいいのか
  • 自分のお金を使った経費はどうしたらいいのか

ということでした。

この場合、事業主借・事業主貸勘定を使えばOKということがわかりました。

事業用の口座は作るべき?

本来は事業用の口座やお財布を作るべきだと言われています。
たしかに事業用の口座があればその入出金履歴でお金の出入りが管理できます。
しかし、主婦のお小遣い程度なら必ずしも作る必要はない気がします。

一応わたしにとっては楽天銀行の口座が事業用になっています。
クラウドワークスやランサーズの報酬振込にかかる手数料が
楽天銀行100円、他の銀行は500円という違いがあったからです。

しかし楽天銀行のお金から事業とは関係ないものを買うことがあります。
楽天カードの口座を楽天銀行にしているので、普段の買い物にも使います。

また、A8.netはゆうちょ口座のほうが報酬振込の手数料が安いため、
楽天銀行よりもゆうちょ口座に振り込んでもらっています。
これは事業用口座ではありませんが、事業収入が入っているということになります。

以上の理由から、必ずしも楽天銀行が事業の専用口座になっているわけではありません。

クラウドワークス・ランサーズの報酬受け取りは楽天銀行がおすすめ
クラウドワークスやランサーズで報酬を受け取るには 銀行口座を登録する必要があります。 基本的には自分の使っている...

事業主貸・事業主借勘定

「他の事業主はどうしているんだろう?」と思っていたところ、
このような口座ごちゃごちゃ問題を解決するための
事業主貸・事業主借という勘定があることがわかりました。

いずれの場合も、売り上げが立ったら以下のように仕訳します。
売掛金 10,000 / 売上 10,000

事業用の口座を作らない場合

普段使っている口座に振り込まれたら

事業主貸 10,000 / 売掛金 10,000

と仕訳します。
すでに事業主貸としたお金は何に使おうと自由です。

事業用の口座を作る場合

事業用の口座があるなら、振り込まれたときに

普通預金 10,000 / 売掛金 10,000

と仕訳します。

お金を自分のお小遣いとして使ったときに

事業主貸 10,000 / 普通預金 10,000

となるわけです。

ポイント振込の場合

楽天アフィリエイトやアマゾンアソシエイトでは
報酬がポイントで振り込まれます。

ポイントは帳簿で管理しないので、
売上金額が確定した時点で

事業主貸 10,000 / 売上 10,000

と仕訳して、帳簿とは切り分けています。

家計から必要なものを買ったとき

仕事に必要な文房具などを買うためだけに
わざわざ楽天銀行からお金を下ろしてくるのは大変なので、
家計から買うことがあります。

その場合は

消耗品費 1,000 / 事業主借 1,000

というように、事業主借勘定を使います。

事業主貸・事業主借でも問題ない

ネットで調べていたら、費用や収入の相手勘定を
全て事業主貸・事業主借にしているという話が見つかりました。

実際のところ収入と費用の額が一緒なら税金額は一緒なので、
相手勘定がなんであろうと脱税などの違法行為ではないでしょう。

大事なのはそのルールを明確にして、ずっと続けることです。
ある年は普通預金が出てくるのに、
ある年は全て事業主貸では一貫性がありません。

不明点は税務署へ

以上はあくまで個人の見解ですので、
心配な方は税務署に問い合わせてくださいね。


弥生会計は初年度無料でお試しできます。
個人向けには「白色申告オンライン」と
「青色申告オンライン」が用意されているのもうれしいところ。
会計ソフトをお探しの方はチェックしてみてはいかがでしょうか?


The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
2013年にクラウドワークスに登録したのをきっかけに、ライターやブロガーとして在宅ワークをしています。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)
スポンサーリンク

シェア大歓迎です!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えを半角数字で入力してください *