ドキドキの初青色申告、アフィリエイトの帳簿付けに悩む

昨年平成27(2015)年分の確定申告をしてきました。
還付申告だけなので、1月中に提出することができます。
税務署からは何も連絡がないのでおそらく大丈夫ということなのでしょう。

アフィリエイトASPごとに帳簿付けの方法について、
自分の見解をメモしておきます。

青色申告には帳簿が必要

青色申告の65万円控除を適用するためは帳簿を付ける必要があります。
帳簿は正規の簿記の原則に従わなくてはなりません。

幸いわたしは簿記の資格を持っているので問題なかったのですが、
はじめて付ける人はちょっと難しいかもしれません。

会計ソフトは必要?

わたしはエクセルで帳簿を作っています。
会計ソフトを買うほどではないと思いましたし、
無料版ソフトではどうしても機能が制限されます。

取引数もほとんどありませんからね。
1年分の仕訳がA4用紙2ページで収まりました。
事業規模が大きくなったら会計ソフトのお世話になるかもしれません。

帳簿の付け方

アフィリエイトのASPやクラウドソーシングサイトによって
報酬確定タイミングがまちまちなので、
どうやって記帳すればいいのか難しいですね。

基本的には自分ルールを決めて、継続していればOKみたいです。
税務署に聞かれたときにはっきり答えられれば大丈夫とのこと。
売上をごまかさない限りはうるさく言われないのではないかと思います。

アフィリエイトの記帳タイミング

アフィリエイトの記帳っていつしたらいいのかわからないですよね。
「バリューコマース 仕訳」を検索したら自分のサイトが上位に表示されて
「あんたわかってないじゃん」と突っ込みたくなりました。

バリューコマースの仕訳

通常の売上は1ヶ月に確定した分について、月末にまとめています。
キャンセルされることもよくあるので、
確定してからの仕訳で問題ないと思います。

売掛金 1,000 / 売上 1,000 といった具合です。

翌々月の15日にはその金額が振り込まれるので、

普通預金 1,000 / 売掛金 1,000 となります。

A8.netの仕訳

A8.netのややこしいところはキャリーオーバーがあるところです。
「振込額が確定したときに仕訳をすればいい」という説を見たのですが、
わたしは1年ぐらいキャリーオーバーしているので、
売り上げがなかったことになってしまいます。

そのためバリューコマース同様、毎月末に確定額で仕訳をしています。
振り込まれたときには

普通預金 970 / 売掛金 1,000 
雑費 30

というように、振込手数料を雑費として処理します。

調整金額

A8.netやバリューコマースで特にややこしいのは調整金額の取扱いです。
注文成果とは別に、数ヶ月後になって突然キャンペーンの報酬が付与されます。
先人たちのサイトを検索してもよくわかりませんでした。

調整金額はレポート>振込レポートから確認できます。
調整金額は毎月振込日(15日)に更新されて、
成果確定レポートには載ってきません。

おそらく調整金額が決定した時点(毎月15日)で、
売上に計上したら良いのだと思います。

Amazonや楽天のポイントは?

Amazonアソシエイトや楽天アフィリエイトの報酬はポイントで付与されます。
わたしは確定した時点で事業主貸勘定に振り分けています。

事業主貸 500 / 売上 500

事業主貸にしたポイントは帳簿から外れるので、
ポイントを使ったときでも記帳する必要がなくなります。

不明点は専門家に聞いてください

以上がわたしの見解です。
売上金額をごまかすわけではないので、
このようなやり方で問題ないと思うのですが、
万全を期すためには専門家にお尋ねください。


やよいの青色申告オンラインは初年度無料で利用できるそうです。
はじめての確定申告という人は利用してみてはいかがでしょうか?


The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
2013年にクラウドワークスに登録したのをきっかけに、ライターやブロガーとして在宅ワークをしています。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)
スポンサーリンク

シェア大歓迎です!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えを半角数字で入力してください *